所得税確定申告を、市民交流センターで行う方は必ずご確認ください

公開日 2018年10月16日

最終更新日 2018年10月18日

利用者識別番号の事前取得をお願いします。

平成31年2月3月の確定申告(市民交流センターで行う場合)から、市で受け付けた申告データを佐久税務署にデータ送信する方法に変更するため、国税庁の発行する「利用者識別番号」の取得が必要となります。つきましては、下記のいずれかの方法で事前取得をお願いします。

 

1.既に利用者識別番号をお持ちの方

 今回の手続きは不要です。税務署の「お知らせはがき」か「お知らせ通知書」か「利用者識別番号通知書」を申告会場にお持ちください。

2.ご自身で取得する場合

 国税庁HPで、パソコン、スマートフォン等から取得することができます。

 国税庁HP利用者識別番号取得ページ→ https://kaishi.e-tax.nta.go.jp/SU_APP/lnk/kaishiShinkiKojin

 取得後は利用者識別番号を控えて、申告会場にお持ちください。

3.ご自身で取得できない場合

 お手数をお掛けしますが、12月20日(木)までの開庁時間内に、小諸市役所税務課にお越しいただき、事前取得手続きをお願いします。なお、手続きは税務課職員が行います。

  ◆本人確認ができる書類(運転免許証等)をお持ちください。

  ◆番号の取得は、1番号につき5分程度お時間をいただきます。

  ◆期間中の来庁が困難な場合は、お電話でご相談ください。

 12月28日(金)までに、佐久税務署で利用者識別番号の取得に加え、「ID・パスワード方式の届け出」をしていただくと、マイナンバーカードが無くてもパソコン・スマートフォンで申告することができます。詳しくは国税庁HPをご覧ください。→ http://www.e-tax.nta.go.jp/topics/topics_290510_kanbenka.htm

 

利用者識別番号に関して、Q&Aでご説明します

 Q.利用者識別番号とは何ですか?なぜ今回から必要となるのですか?

 A.利用者識別番号とは、e-Tax(国税の電子申告)を使用するために必要な16桁の番号です。(マイナンバーとは別です)利用者識別番号は、一人につき一つ必要で、転居しても原則同じ番号を使用できます。今回の申告から、小諸市でお受けした確定申告をe-Taxソフトを利用して、税務署へ電子データで送るために、この利用者識別番号が必要となります。ついては、申告当日の混雑を緩和するため、事前取得をお願いするものです。なお、1回番号を取得すれば、次回以降取得手続きは不要です。

 

 Q.確定申告書を市から税務署へ電子データで送るメリットは何ですか?

 A.申告する皆さんのメリットは以下の通りです。

  ・所得税還付金をこれまでより早く受領できます。

  ・添付書類の提出が不要になります。→確認のうえ、ご本人にお返しします。(ご自宅で保管は必要です。)

  ・署名捺印が不要です。→相談時間・待ち時間の短縮。

  その他に、書面申告書の紛失リスクの削減や用紙代、コピー代の削減などのメリットがあります。

 

 Q.利用者識別番号を事前に取得しないで申告相談に行くとどうなりますか?

 A.申告相談会場には、インターネット環境がないので、番号取得のために別室の税務課窓口へ行っていただくなど、相談開始までに時間が掛かります。

 

 Q.住民税のみの申告ですが、利用者識別番号は必要ですか?

 A.所得税確定申告書のデータを送信するための手続きですので、住民税の場合は番号を取得する必要はありません。

 

 Q.今回取得した利用者識別番号により、マイナンバーカードなしで、e-TAXで申告できますか?

 A.利用者識別番号の取得に加え、「ID・パスワード方式の届け出」を行うことにより、マイナンバーカードが無くてもe-TAXで申告できます。「ID・パスワード方式」を希望される方は、佐久税務署で12月中に手続きしてください。

 

 

お問い合わせ

総務部 税務課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-26-6544
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。