第19回虚子・こもろ全国俳句大会入賞者

公開日 2018年05月28日

最終更新日 2018年06月12日

第19回虚子・こもろ全国俳句大会には、国内だけでなく海外からもたくさんのご応募をいただきました。

 一般2,322句(586名)、高校生7,303句(2,845名)、中学生7,196句(2,322名)、小学生9,118句(2,382名)の応募がありました。

 以下に、入賞作品をご紹介します。


一般の部

 
第十九回 俳句大会賞 白といふまぶしき色の紙を漉く 木幡嘉子 福井県
長野県知事賞 荒鋤のままの山畑余花一樹 泉田克子 東京都
長野県教育委員会賞

もう少し鼻高くなーれ天瓜粉

髙杉光昭 静岡県
小諸市長賞 柚子湯出て母金色の香を放ち 佐野恋蔵 神奈川県
小諸市議会議長賞 百歳の母に一枚賀状来る 三輪洋路 岐阜県
小諸市教育委員会賞 雪入れてあると子に言ふ水枕 井戸田盛男 東御市
長野県俳人協会賞 奥壁の残置ハーケン夏終る 川崎清明 千葉県
小諸商工会議所賞 母の忌のまだ誰も居ぬ冬座敷 伊藤泰孝 愛知県
小諸市観光協会賞 卒業や人にも羽化のやうなもの 常盤しがこ 長野市
NHK長野放送局賞 エンドロール涙隠すにマスクして 福島芳子 神奈川県
信濃毎日新聞社賞 柿を獲る柿の透き間に浅間山 星野直人 小諸市
読売新聞長野支局賞 一つ家に二つの余生櫻餅 北島宏吉 東京都
毎日新聞長野支局賞 まず勢子が睨み交はして牛合せ 堀  昭治 秋田県
小諸市文化協会賞 銀漢の尾に触れて行く終電車 田辺海樹 長野市
小諸青年会議所賞 茎の石沈みて北の一つ星 山岡寿ゞ枝 岡谷市
小諸市俳句連盟賞 一摑みして風ぐるみ剪る芒 西  史紀

長崎県

学生の部・学校賞につきましては以下をご覧ください。

19回学生の部受賞者・学校賞[PDF:211KB]

お問い合わせ

教育委員会 生涯学習課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8857
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード