地下水保全地区内における井戸の設置について

公開日 2017年11月21日

最終更新日 2017年11月24日

小諸市環境条例・小諸市環境条例施行規則の一部改正について

 近年、外国資本による森林買収など、目的不明な土地取引による地下水への影響や涵養機能の低下などによる地下水の減少が懸念されています。

 小諸市は、上水道事業の水源のほとんどが地下水であることなど、公的な目的で地下水を多く利用しています。また、水資源は市民共有の貴重な財産であり、公的な管理の下で持続的な保全を図る必要があります。

 こうしたことから、井戸ポンプ等の設置に関する規制を強化をするため、小諸市環境条例及び小諸市環境条例施行規則を一部改正し、平成30年1月1日に施行されます。

改正の内容

小諸市環境条例及び小諸市環境条例施行規則の一部改正について[PDF:130KB]

井戸の設置には許可が必要です

 地下水を採取するために、小諸市内で新たにポンプ等動力を用いた井戸を設置する場合は、許可が必要となりますので事前に申請をしてください。

 ただし、1日の採取量が10立方メートル未満の小規模な使用を想定するものは対象外ですので許可申請は不要です。

許可の要件について

  • 採取する地下水の使用目的が必要かつ適当であること
  • 飲料水の販売目的での地下水採取ではないこと
  • 周辺住民等に井戸設置の周知と内容説明をし、意向を尊重していること
  • 設置個所が水道用水等として公共の用に供する水源の採取地点から半径300メートル以内の区域でないこと
  • 1日当たりの地下水の採取量が500立方メートル以下であること

新たに井戸を設置するとき・申請内容に変更が生じたとき・許可を更新するとき

  1. 地下水保全地区内井戸設置(変更)許可申請書(様式第9号)[DOCX:20KB]
  2. 井戸の位置図
  3. 井戸設置場所の登記事項証明書及び公図の写し
  4. 揚水機のカタログ等 規格の分かるもの
  5. 地下水の環境に係る影響調査の方法を説明する書類
  6. 周辺住民等への周知と内容説明を行っていることを証する書類
  7. その他市長が必要と認める書類

設置許可に当たっては下記の条件を付します。

  • 揚水試験等を実施し、地下水の環境に係る影響調査を行うこと
  • 水量測定器・水位計を設置すること
  • 地下水採取により周辺に影響があった場合は、採取を中止し原因を究明すること
  • 上記の原因が究明されたときは、井戸の改良・廃止をし、被害者に対する処置を講じること

6番については、以下のとおり実施して書類を作成してください。

  • 周辺住民等とは、井戸の一団の土地(一体的な利用がなされている土地・所有者が同一な土地)の境界から半径300メートルの範囲内の土地・建物・井戸の所有者のこととする。
  • 周知・内容説明の方法は説明会の開催とし、周辺住民等へ開催の通知を配布すること。

許可を更新する場合に限り、5番と6番は省略可能です。

設置許可された井戸が完成したとき

  1. 地下水保全地区内井戸完成届出書(様式第5号)[DOCX:18KB]

完成した日から14日以内に届出してください。

井戸を廃止したとき

  1. 地下水保全地区内井戸廃止届出書(様式第6号)[DOCX:18KB]

譲渡・相続等により井戸を承継したとき

  1. 地下水保全地区内井戸施設等承継届出書(様式第7号)[DOCX:20KB]
  2. 承継を証するもの

井戸設置済の方への経過措置について

 平成30年1月1日時点で既に井戸を使用している方についても、許可が必要となります。

 平成30年3月31日(施行日から90日以内)までに届出をしてください。平成32年12月31日までの許可証を発行します。

提出書類

  1. 地下水保全地区内井戸設置(変更)届出書(様式第10号)[DOCX:21KB]
  2. 井戸の位置図
  3. 井戸設置場所の登記事項証明書及び公図の写し
  4. 揚水機のカタログ等 規格の分かるもの

条例・規則

小諸市環境条例

小諸市環境条例施行規則

お問い合わせ

環境水道部 生活環境課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8857
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード