移住体験ツアー『小諸的冬暮らしを体験する。』

公開日 2017年10月17日

最終更新日 2017年11月28日

tour1125 tour1125[JPG:200KB]

「ご参加ありがとうございました!」

2017.11/25(日)

『小諸で暮らす』移住体験ツアー

小諸的冬暮らしを体験する。

を開催しました。

 

【開催概要】

日程・・・2017年11月25日(土)※日帰りのツアー

時間・・・9:30~16:30

参加費・・・無料

定員・・・10名(最小催行人数3名)

主催・・・小諸市

【スケジュール】

9:30 小諸市役所集合

    雪道ドライブ体験講習

12:00 昼食&交流会

    おすすめ空き家見学会

    移住体験施設見学

    座談会

16:30 解散

【ツアーレビュー】

slip

今回のツアーの目玉は、本格的な冬が来る前に、信州への移住希望者に自動車教習所にてスリップ体験をしてもらい、雪道の運転への不安を解消してもらうというもの。実際に私も参加して体験させていただきましたが、スリップバーン(雪道に模した水をまいた鉄板。長野県でも大きなスリップバーンを持っているのは小諸自動車教習所だけだそうです)で急ブレーキを踏み、40~50メートル滑ったりと体験しながら雪道の運転の仕方を学べるのは、これからの運転に大いに役立つ内容でした。終了証もいただいたので、もう雪道マスターですね(笑)!信州へ移住するにあたり、環境的に最も不安な要素はやはり「冬の寒さ」とその対策だと思います。実際にどれくらい寒いのか?雪はどれくらい降るのか?暖房費はどれくらいかかるのか?スタッドレスタイヤをはけば運転は大丈夫か?など、移住相談を受けていると様々な質問を受けます。今回のツアー内容は、その不安解消の一助になったのではないかと思います。また小諸市には移住体験施設もありますので、冬の寒さを実際に体験するのに、ぜひ使っていただきたく思います。

午後は古民家を中心に、空き家を4件見学しました。古民家物件は人気(ある種、田舎暮らしのあこがれのイメージなのでしょうか)で、問い合わせもすごく多いのですが、実際に見ていただくと、補修にだいぶかかりそうであるなど、現実的なことがよくおわかりになると思います。移住に際して、家は非常に重要なファクターだと思います。インターネット上にも物件情報はあれこれありますが、実際に見学しないと、移住後の生活イメージまではなかなか浮かばないかと思います。こういった移住体験ツアーなどで、1日でいろいろな空き家を見学できる機会をぜひ活かしていただき、移住を考えた早い段階で、いろいろな物件を実際に見ながら、移住後の具体的な生活イメージを作り上げていくのもベター・ライフへの良い方法だと思います。

今回ご参加いただいた皆様は、これをひとつのきっかけ・つながりとして、今後もいろいろなご相談のフォローをしてゆきたいと思います。これからも様々なテーマで、皆様のお役に立てるようなツアーを企画していきたいと思います。ありがとうございました。(地域おこし協力隊 鴨川)

お問い合わせ

経済部 商工観光課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-24-3570
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。