産後ショートステイ事業

公開日 2017年05月29日

最終更新日 2017年05月29日

小諸市産後ショートステイ事業

 出産されたお母さんと赤ちゃんの自宅での生活がスムーズにスタートできるよう医療機関または助産所に宿泊し、心身のケアや育児のアドバイスが受けられます。

 

1 対象となる方:下記のすべてにあてはまる方が対象となります。

・市内に住所を有する、生後3か月未満の赤ちゃん及びお母さん

・お母さん赤ちゃんともに医療処置の必要ない方

・家族等から十分な家事及び育児支援が受けられず、お母さんの体力の回復に心配のある方・育児不安がある方

 

2 利用できる施設: 小諸厚生総合病院 ・ 助産所とうみ

 

3 利用できる期間:7日間までで希望する日数  

             ただし、利用を延長する場合は、最長14日まで利用することができます。

 

4 料金:1日の利用料金の3割を利用者が負担します。市民税非課税世帯の方は、1割を利用者が負担します。

     生活保護世帯の方は、利用料金の負担はありません。

     利用料金には、食費、衣服等の洗濯料または賃貸料、乳児のミルク及びおむつ代は含まれませんので

     自己負担となります。利用料とは別に利用施設からの請求額をお支払いください。

 

利用料金、申請方法等詳細については、小諸市母子ショートステイ事業[PDF:160KB]をご覧ください。

 

 

 

お問い合わせ

民生部 健康づくり課(保健センター)
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-26-6544
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード