国民保護

公開日 2017年05月10日

最終更新日 2017年08月29日

弾道ミサイル落下時の行動等について

 弾道ミサイルが、日本に飛来する可能性があるときは、関係する地域の住民に対して全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達が行われます。情報伝達の流れや身を守るためにとるべき行動等について、国民保護ポータルサイトに掲載されていますので、お知らせします。

 平成29年8月29日(火)に飛来した北朝鮮のミサイルは、北海道襟裳岬上空を通過し、太平洋に落下しました。このミサイル攻撃による小諸市の被害はありません。行動については国民保護ポータルサイト、下記資料をご覧ください。

 

 

 詳細については、下記資料及び国民保護ポータルサイト(http://www.kokuminhogo.go.jp/shiryou/nkjalert.html)をご覧ください。

 

 弾道ミサイル落下時の行動について(その1)[PDF:139KB]

 弾道ミサイル落下時の行動について(その2)[PDF:288KB]

 弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A[PDF:121KB]

 

 

お問い合わせ

総務部 総務課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8766
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード