西小諸地区紹介

公開日 2016年04月01日

最終更新日 2016年04月01日

 西小諸地域は、小諸市の西部に位置し、東御市に隣接する、標高約700~1000mにかけて南向きに傾斜した地域です。北は上信越高原国立公園の山林で、南には千曲川が流れ、その間を深沢川が流下しています。旧村部の中では比較的エリアの小さな地域で、芝生田、井子、糠地の3区で形成されます。交通軸として、東西には国道18号、浅間サンラインといった幹線が走っていますが、南北をつなぐ路線はいずれも狭隘です。

 国道18号沿いには商業施設、保育園、企業などが立地し、浅間サンライン沿いは田園が広がります。また、旧北国街道や寺ノ浦遺跡等の歴史的資産が残る地域でもあります。

 糠地地区は昭和の時代から民宿村として有名で、複数の民宿が存在するほか、近年では、遊歩道が整備された深沢渓谷や、グリーン・ツーリズムの拠点施設「みはらし交流館」なども加わり、北部を中心に交流の拠点が多く点在する地域になっています。

関連記事

お問い合わせ

総務部 企画課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8766
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。