川辺地区紹介

公開日 2016年04月01日

最終更新日 2016年04月01日

 川辺地域は、小諸市の千曲川西岸部に位置し、東御市及び佐久市に隣接しています。標高は約550~800mで、千曲川からの北向きの急傾斜地と、その上部の御牧ケ原台地に大きく分けられ、御牧ケ原台地には多くのため池があります。交通軸としては、県道諏訪白樺湖小諸線、県道立科小諸線、県道八幡小諸線、千曲ビューラインなどが主要幹線です。千曲川沿いと山間には8つの区があり、御牧ケ原台地の2区と合わせ10区で形成されています。

 千曲川沿いや布引観音、御牧ケ原台地から望む千曲川や浅間山など、傾斜地や台地からなる地形ならではの眺望の良さには定評があります。また、地域内の拠点施設としては、農業大学、温泉施設、いちご園、自然体験活動の研修施設などが点在しています。

 御牧ケ原台地の粘土地を活かした優良農地が多いのが特徴で、主な生産物であるお米や白土馬鈴薯などは、ブランド化が図られています。

関連記事

お問い合わせ

総務部 企画課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8766
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。