大里地区紹介

公開日 2016年04月01日

最終更新日 2016年04月01日

 大里地域は、小諸市の北西部に位置し、北部の上信越高原国立公園を挟んで東御市と隣接しています。標高約650~2000mにわたって南北に大きく伸び、南向きに傾斜した地域で、東端に栃木川、西端に深沢川が流れ、地域内は花川が流下しています。交通軸としては、東西に上信越自動車道、国道18号、浅間サンラインが走り、これらをつなぐように、県道小諸上田線やインターアクセス道路が南北に通っています。国道18号付近の諸、西原と、上信越自動車道より北側の菱野、滝原、後平の5区で形成されています。

 国道18号沿線は商業活動が活発で、比較的大規模な店舗が立地しています。また、浅間サンライン沿いは田園など農地が広がり、棚田百選に選ばれている地区もあります。また、交通の要所となる上信越自動車道小諸インターチェンジが地域内にあり、その近傍には、ワイン工場や高原美術館もあります。

 温泉、美術館、ワイン工場、ゴルフ場など、交流の拠点となる施設が多い地域です。 

関連記事

お問い合わせ

総務部 企画課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8766
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。