中央(東南部)地区紹介

公開日 2016年04月01日

最終更新日 2016年04月01日

 中央(東南部)地域は、旧小諸町の東南部に位置し、標高は約650~800mで、北東部は緩やかな南斜面となっており、南西部は糠塚山や千曲川沿いなどの起伏はあるものの、比較的平坦な地形の多い地域です。北寄りに蛇堀川、南端に繰矢川が流下し、西端の急傾斜地を経て千曲川に合流します。交通軸としては、中央を通るしなの鉄道、JR小海線を挟んで2つのエリアに大きく分かれ、北東部は国道18号、国道141号、旧北国街道が南北に縦貫し、これらをつなぐように県道峰の茶屋小諸線や東郷土西原線が東西に通っています。一方、南西部は、県道佐久小諸線、県道小諸中込線が幹線となっています。また、JR小海線の東小諸駅、乙女駅もあります。中央地域(旧小諸町)の中では比較的範囲の広い地域で、10区で形成されます。

 市街地から続く国道18号、国道141号、旧北国街道の沿線には、商業施設をはじめ、医療施設、福祉施設、工場などの様々な事業所が連続して立地しています。それらを囲み、周辺部の主に北東と南東方向に住宅地が広がっており、小学校、総合福祉センター、高齢者福祉センター、人権センター、文化センター、公園、運動場などの公共施設も点在します。また、南の三岡地域から続くエリアは田園地帯となっています。

 旧北国街道沿いの歴史的建造物、南城公園、乙女湖公園、平和公園など多くの公園、その他さまざまな公共施設が立地し、地形的にも多くの変化が見られるなど、多様性に富んだ地域です。

関連記事

お問い合わせ

総務部 企画課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8766
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。