小諸市高地トレーニングエリア紹介について

公開日 2016年04月20日

最終更新日 2016年04月25日

  小諸市高地トレーニングエリアは、浅間山周辺に広がる標高2000mを中心とするフィールドです。

  アスリートの効果的なトレーニングに最適な環境を提供するこのエリアの4つのポイントと、トレーニ

  ングコースの紹介をします。

  合宿等のご相談も承っておりますので、お気軽に小諸市役所商工観光課(0267-22-1700)までお

  気軽にお電話ください。

小諸市高地トレーニングエリアのポイント 

  ポイント1   恵まれた気候

    高い晴天率と冷涼な夏の気温が特徴です。

    小諸市では年間の晴天率が60%を超える年も多く、雨天率は平均して8%程度と日本でも

   有数の天気に恵まれた地域です。

    8月の平均気温は市街地でも都市部と比べて4.5℃低く、標高の高いトレーニングエリアでは

   より快適な環境でトレーニングや合宿を行うことができます。

  ポイント2  アクセスの良さ

    上信越自動車道や北陸新幹線などにより交通の便も良く、首都圏から2時間ほどで訪れること

   ができます。標高2000m地点のエリアは市街地から車で30分ほどの距離にあります。

  ポイント3  安心の医療体制

    小諸厚生総合病院までは2000mエリアからでも車で約30分、佐久医療センターまではドクターヘリ

   で搬送ができ、約5分でアクセスできます。

    また、小諸厚生総合病院を拠点に活動している一般財団法人浅間山麓スポーツ医学研究所では、

   医学の総合的見地からアスリートをサポートします。

  ポイント4  天然温泉

    小諸には6つの源泉からなる温泉が湧き出ています。トレーニング後の疲労回復にも期待ができます。

小諸市高地トレーニングコースガイド

  2000m林道

    国内では希少な標高2000mのコースになります。

     標高2000mレベルの未舗装の道路が4km以上続く、高地トレーニングに理想的なコースです。

    コース周辺は高山植物の宝庫で、さわやかな空気や景観も魅力です。    

           2000林道5

  1000m林道   

   ほぼ平坦な、長さ14kmのロングコースで「リビングハイ・トレーニングロー」の効果が得られ

        る準高地 として最適なコースです。

    涼しい木陰や、農地や市街地を見渡す素晴らしい眺望を楽しみながら、長時間のトレーニン

        グが 可能です。

      DSC_8275

  浅間登山口林道

    標高1200m付近から浅間山に向かって高低差約200mを緩やかに登る未舗装のコースです。

    豊富な森林の中を木漏れ日や木の香りを感じながら走ることが出来る好ルートです。

             浅間登山口林道

  チェリーパークライン

          平均斜度8.8%で標高2000mまで10km以上にわたり急坂が続く舗装道路です。

    標高差940mの圧倒的なヒルクライムは、負荷をかけたトレーニングの最適なコースです。

             チェリーパークライン1

小諸市高地トレーニングガイドマップ

  小諸市高地トレーニングガイドマップはこちらから 

     ↓  ↓  ↓

  小諸市高地トレーニングガイドマップ【A面】[PDF:810KB]   

  小諸市高地トレーニングガイドマップ【B面】[PDF:1MB]

   

関連リンク

 市民を対象とした高地トレーニングイベント「てくてく小諸人」開催しました 

               ⇒ http://www.city.komoro.lg.jp/attention/2015101900096

 中央発條陸上競技部が小諸市で高地トレーニング合宿を行いました

         ⇒ http://www.city.komoro.lg.jp/moromoro/2015060400026/

 一般財団法人 浅間山麓スポーツ医学研究所  ⇒ http://asamapsmi.net/

地図

トレーニングスポット

お問い合わせ

経済部 商工観光課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8766
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード