明治学院大学法学部・小諸市公開シンポジウム 開催報告

公開日 2015年06月19日

最終更新日 2017年05月23日

             ~明治学院大学・小諸市連携事業~                                                   明治学院大学法学部・小諸市 公開シンポジウム「ワイン産地形成のための法と政策」を開催しました。 

 小諸市と明治学院大学は、平成18年より島崎藤村の縁を通じて、地域経済、まちづくり等の分野で協働連携をし、相互の発展を図るため、協定を結び活発に交流を重ねてきました。

 今回、明治学院大学法学部「ワイン法政策研究会」のスタートと小諸市がワイン特区に申請したつながりから、新たな協働連携事業として、小諸市がワインの産地として発展することを目指し、ワインに関する公開研究会を開催しました。

 当日は、ヴィラデストワイナリーオーナーの玉村豊男さんと、明治学院大学法学部教授の蛯原健介さんからの基調講演、ワイン生産者、消費者、法学研究者代表などによるパネルディスカッションが行われ、ワインをめぐる法律や政策を学び、ワイン産地形成に向けた取り組みへの理解を深めていただきました。

 また、小諸のワインの試飲会とワインに関わる皆さんの情報交換と交流を深める懇親会も行われ、小諸のワインを広めるきっかけとなりました。

 

  • 第1部・第2部  参加者105名

   基調講演

    「ワイン産地形成に向けたワイナリーの取り組み」 講師:玉村豊男(ヴィラデストワイナリーオーナー)

    基調講演1_8592

    「ワイン産地形成のための法と政策」 講師:蛯原健介(明治学院大学法学部教授)

    基調講演2

   パネルディスカッション

    司会:蛯原健介(明治学院大学法学部教授)

    パネリスト:玉村豊男(ヴィラデストワイナリーオーナー)

          松本信彦(マンズワイン 常任顧問)

          富岡正樹(中棚荘 荘主)

          鍛冶智也(明治学院大学法学部教授)

          清水哲也(小諸市経済部長)

          藤川百々英(日本ワイン応援団女子部部長 日本ワインマスター)

      

 

    パネル1 パネル2

 

  • 第3部  参加者70名

     試飲会・懇親会

                  DSC_8690      DSC_8694

 

                    公開シンポジウム レジュメ[PDF:22KB]

      

お問い合わせ

総務部 企画課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8766
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード