高齢者見守り活動 「反射ステッカーを見かけたら声かけを!」

公開日 2014年04月23日

最終更新日 2017年10月17日

 高齢化社会が進む中、全国各地で行方不明高齢者の問題が取りざたされており、その身近な対策として、地域での見守り活動や声掛けなどの住民による活動が見直されています。

 小諸市では、認知機能の低下などにより地域での見守りが必要な高齢者の靴のかかとに反射ステッカーを貼り、地域の方に声かけ、見守りを行ってもらうことで、いつまでも安心して住み慣れた地域で生活をしてもらうことを目指す取り組みを行っています。

 この取り組みは、地域の方の声かけが大切になります。高齢者に優しいまちづくり、誰もが安心して暮らせる街を目指しましょう。

 

赤色ステッカーの方を見かけた場合

 →『すぐに保護』をしてください!

  高齢者は不安な気持ちでいっぱいです。安心をさせるように声かけをしながら、下記までご連絡ください。

 【小諸市役所 電話:0267-22-1700】

 【小諸市地域包括支援センター 電話:0267-26-2250】

 【小諸警察署 電話:0267-22-0110】

 

黄色ステッカーの方を見かけた場合

 →『どちらへ行かれますか?』など声かけをしてください!

  様子が心配な場合は上記へご連絡ください。イラスト

 

反射ステッカーチラシ[PDF:300KB]

 

 

 

反射ステッカーの配布を希望される方は・・・

 申請書に必要事項(家族同意署名は必須)をご記入及びご本人の写真を添付の上、高齢福祉課へご提出ください。

 その場でご希望の枚数をお渡しいたします。

 申請書は高齢福祉課窓口にご用意してあるほか、下記よりダウンロードすることもできますので、ご利用ください。

 

反射ステッカー申請書[PDF:201KB]

お問い合わせ

民生部 高齢福祉課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-22-8900
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード