仕分け事業の選定及び方法について

公開日 2012年11月21日

最終更新日 2012年11月21日

仕分け事業の選定及び方法について

市では、事業仕分けを行なうにあたり、アのとおり基準を設け候補事業を選定しました。

選定された候補事業は、イの方法で審議され8事業(予定)に決定されます。

ア 基準

 (1)平成22年度当初予算におけるすべての事業のうち「法定受託事務及び法定の自治事務以外の事業」、「事業実施について裁量の余地がある事業」を対象とする。

(2)「政策実行計画」(市長マニフェスト)に掲げられている事業は対象外とする。

 (3)一定程度継続して実施している事業、行財政改革効果がある程度期待できる事業、受益者負担を考えるべき事業を対象とする。

 (4)事業の単位は、予算書の事業とするが、その中の個別の補助金・委託料等でもよい。   

イ 選定方法

  各課1ないし2事業及び財政課選定をあわせた約30事業のシート(概要説明書)を作成し、
  外部の識者で構成される小諸市総合計画審議会で審議(アドバイザーとして構想日本政策担
  当ディレクターが参加)し、最終的に8事業を決定する。


お問い合わせ

総務部 企画課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8766
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。