ごみ処理有料化について

公開日 2012年11月21日

最終更新日 2016年08月05日

~ ごみの減量化と資源化を図るために ~


小諸市では、「燃やすごみ」、「埋立ごみ」及び「生ごみ」の処理費用の一部を、処理手数料として指定袋の値段に上乗せし、市民の皆様にご負担をいただく、「ごみ処理有料化」を平成18年10月より実施しています。

この制度は分別の徹底や減量化を促進し、ごみを少ししか出さない方の負担は軽く、たくさんごみを出す方には、相応の負担をお願いすることで、ごみ処理にかかる費用負担の公平性を確保するとともに、環境やごみ問題に関心を持ってもらい、ごみの減量化や資源化を推進しています。

このため、資源物である「プラスチック製容器包装(緑色の袋)」、「新聞、雑誌・雑がみ、段ボール」などの古紙類、「ペットボトル、缶、びん」などについては、処理手数料はかかりません。また、この有料化に併せて

 1.「雑がみ」の分別や出し方の利便性の向上

 2.古紙類を出す際の「ひも」を再生可能な「紙ひも」へ移行

 3.分別ガイドブックの発行

 4.マイバッグ運動の推進

 5.生産者や事業者へ減量化対策の実施

などを実施し、ごみの減量化と併せて、二酸化炭素の削減など地球温暖化防止の推進を図っています。

【 ごみ処理手数料 】

種類 袋の大きさ   手数料
燃やすごみ 25円
15円
埋立ごみ 25円
15円
生ごみ 15円
10円
  5円
プラスチック製容器包装  0円

※ ご不明な点などは担当課へお問合せください。

お問い合わせ

環境水道部 生活環境課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8857
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。