猫と楽しく快適に暮らすために

公開日 2012年12月13日

最終更新日 2012年12月13日

 近隣に迷惑をかけることなく、猫と楽しく快適に暮らすためには、飼い主による適切な飼育が欠かせません。
 大切な飼い猫が悪者にされることがないように、飼い主は愛情と責任を持ち、以下の点を考慮しながら飼育しましょう。

1.猫は屋内で飼育する

 猫を交通事故や感染症から守るため、屋内で飼育しましょう。猫は屋内での飼育にも十分に対応できる動物です。

2.清潔な居住環境を確保する

 猫はきれい好きな動物です。不衛生な環境での生活は強いストレスとなり、問題行動を起こす原因にもなります。特に猫用トイレの掃除はこまめに行い、猫を複数頭飼っている場合には、それぞれにトイレを用意しましょう。

3.飼い猫に目印をつけておく

 市役所には、「飼い猫がいなくなった」という電話がたくさんかかってきます。しかし、名札などの目印がない場合は、野良猫との区別がつかないため、発見されることは非常に稀です。そのようなことにならないよう、飼い猫には名札などの目印をつけておきましょう。

4.去勢・避妊手術をする

 猫の妊娠率はほぼ100%です。飼い猫でも屋外で他の猫と交尾すると何匹もの子猫が生まれます。屋外で生まれた子猫には、交通事故に遭ったり、野生動物に襲われたりする過酷な生涯が待っています。十分な世話をしきれない不幸な猫を増やさないためにも、去勢・避妊手術は有効です。
 去勢・避妊手術をすることで、繁殖の時期に異性を求めて大きな声で鳴いたり、興奮して暴れ回ったりする行動が軽減します。オス猫の場合は、放尿による臭い付け行為を抑制することができます。




お問い合わせ

環境水道部 生活環境課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8857
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。