犬との生活にあたって(手続き編)

公開日 2012年12月13日

最終更新日 2015年03月25日

犬との生活を送るにあたって、決められたルールがあります。

1.飼い犬の登録

 生後90日を経過した犬の飼い主には、法律に基づき、犬の登録が義務付けられています。生活環境課(又は一部の動物病院)にて手続きをお願いします。

<登録に必要なもの>

・登録手数料  1頭につき3,000円

2.狂犬病予防注射の実施

 犬の飼い主には、飼い犬に年1回、狂犬病予防注射を受けさせることが義務付けられています。

 すでに登録されている飼い主の方には、小諸市で実施する集合注射のお知らせをお送りします。集合注射を受けなかった場合は、最寄りの動物病院で必ず狂犬病予防注射を受けてください。

 ※注射の実施に不安のある場合(高齢や病気等)は、獣医師へ相談してください。

<予防注射に必要なもの>

・注射手数料  1頭につき3,500円

3.その他

 次のような場合は、手続き等が必要です。

・飼い犬が死んだ場合

 ⇒生活環境課へご連絡ください。

・飼い犬が行方不明になった又は迷い犬を保護した場合

 ⇒佐久保健福祉事務所又は生活環境課へご連絡ください。

・飼い犬の住所が変わった(引っ越した)場合

 ⇒新しい住所地の役場で登録事項変更手続きをしてください。

・飼い主が変わった(譲り受けた)場合

 ⇒新しい飼主が住所地の役場で登録事項変更手続きをしてください。

お問い合わせ

環境水道部 生活環境課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8857
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。