高額医療・高額介護合算制度について

公開日 2012年12月07日

最終更新日 2017年08月29日

 後期高齢者医療制度の世帯で医療費が高額になったとき、介護保険の受給者がいる場合、被保険者からの申請に基づき、医療保険と介護保険の両方の自己負担限度額を合算し、一年間で下記の自己負担限度額を超えた額が払い戻されます。

 ※該当される方のみ申請のお知らせをします。

 

合算する場合の自己負担限度額 (毎年8月1日~翌年7月31日の年額)

 

所得区分

自己負担限度額

現役並み所得者

670,000円

一般

560,000円

低所得者II

310,000円

低所得者I

190,000円

◆ 支給基準額が500円以下の場合は支給されません。

 

お問い合わせ

民生部 市民課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-22-8900
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。