生活保護制度について

公開日 2012年11月21日

最終更新日 2012年11月21日

生活保護制度について

1.生活保護とは

 生活に困っている人に対し、状況により必要な援助を行うとともに、自立のお手伝いをする制度です。

2.生活保護の基本原理

  • 国家責任の原理  国の責任において行われます。
  • 無差別平等の原理  要件にあてはまればどなたにでも行われます。
  • 最低生活保障の原理  健康で文化的な最低生活を保障します。
  • 補足性の原理  利用出来る全ての資産・能力その他あらゆるものを活用しても、足りない部分を援助します。

3.生活保護のしくみ

 1)保護の要否決定

  国の定めた基準(世帯員の年齢や人数、必要な医療費など各世帯ごとに違います:最低生活費)と世帯の収入を比較して保護が必要か判断します。

  ※世帯の収入 :世帯全員の働いた収入、各種の年金・手当、親族等からの仕送り、その他預貯金、保険金、財産を処分して得た収入など

  ※最低生活費には借金やローンの返済は含まれません:生活保護はあくまで最低生活の保障を行う制度のため、借金やローンの返済などは原則認められませんローン付の住宅の処分や自己破産の手続き等が必要になる場合があります。

  • 保護が受けられる場合
 

最低生活費

収入

保護費

   (収入が最低生活費を下回るため、その不足分のみ保護がうけられます。)

  • 保護が受けられない場合
 

最低生活費

 

収入

   (収入が最低生活費を上回るため、保護は受けられません。)

 2)保護の種類

  生活保護には飲食、衣服、光熱費など日常生活に必要な費用を援助する生活扶助や医療扶助、住宅扶助など8つの扶助があり、最低生活に足りない分について援助が行われます。

  

4.生活保護を受けるには

  家族全員の

  1. 働く能力
  2. 資産(預貯金・保険・不動産等) ※居住用以外の資産(車や保険など)は原則すべて処分が必要です
  3.  親族(親・子・兄弟等)からの援助 ※ 親・子・兄弟は民法で絶対扶養義務者とされています
  4. 他の法律による給付(各種年金・手当等)

  などあらゆる事を行っても最低生活ができない場合。原則、家族(世帯)を単位として生活保護が適用されます。

  • 申請は、保護を受けようとする人または、その人と生計を同一にする家族が行うことができます。

まずは福祉事務所(市役所厚生課)へご相談下さい。

 

お問い合わせ

民生部 厚生課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-22-1966
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。