介護保険制度について

公開日 2012年11月21日

最終更新日 2015年04月01日

介護保険制度とは、介護を必要とするご本人が自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療サービス及び福祉サービスの給付を行ったり、家族だけで介護を行うことが困難となったことへの不安や負担を社会全体で支えあうための制度です。

加入するのは、40歳以上の方全員が加入します。加入については、自動的に加入するので、ご本人が手続きをする必要はありません。

被保険者(加入者)は年齢によって2グループに分けられています。

 

第1号被保険者

第2号被保険者

加入する方
(被保険者)

65歳以上の方

40歳から65歳までの方

サービスを利用できる方

要介護・要支援と認定された方

16種類の特定された病気(※特定疾病)により、要介護・要支援認定された方

保険料の納め方

特別徴収
年金の定期支払の際に、年金からあらかじめ保険料が天引きされます。小諸市及び年金保険者からの通知書で確認してください。

加入している健康保険で徴収されます。

普通徴収
小諸市から送付される納付書により納付します。口座振替の方は納付月の末日に振替をします。

被保険者証の交付

65歳の誕生日以降全員に郵送されます。

要介護・要支援に認定された方に交付されます。

介護保険サービス利用の自己負担

介護保険サービスを受けたときにかかった費用の1割(原則)

介護保険サービスを受けたときにかかった費用の2割

(※ 平成27年8月より、「年金収入 + その他の合計所得金額」が単身世帯で280万以上、2人以上世帯で346万以上の一定以上所得者が対象)

 

※特定疾病とは

  • がん末期
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 後縦靭帯骨化症
  • 骨折を伴う骨粗しょう症
  • 多系統萎縮症
  • 初老期における認知症
  • 脊髄小脳変性症
  • 脊柱管狭窄症
  • 早老症
  • 脳血管疾患
  • パーキンソン病関連疾患
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 関節リウマチ
  • 慢性閉塞性肺疾患
  •  両側の膝関節または、股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
  •  糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症

お問い合わせ

民生部 高齢福祉課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-22-8900
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。