こもろ市誌

公開日 2013年07月16日

最終更新日 2015年09月24日

 

小諸市誌 近・現代編

市誌の写真

 

上信越自動車道 小諸IC

現在、発売中!

明治以降現代までの小諸の歴史や文化が記述されています。ぜひお買い求めいただき、郷土学習の手引きとしていただきたいと思います。

 

1冊6,000円(消費税込み)

A5判 1,098ページ 上製本 ケース入付図5枚(別冊箱入)

付図(別冊箱入)
  1 明治26年「小諸町全図」
  2 大正中期「小諸町全図」
  3 昭和8年「小諸町制一覧」
  4 昭和27年「小諸町要図」
  5 平成10年「小諸市航空写真集成図」

お求めは、小諸市教育委員会生涯学習課まで。

問合せ先 小諸市教育委員会生涯学習課 
TEL.0267-22-1700 内線2283・2281
(小諸市役所2F)


 
旧小諸市役所

旧小諸市役所

旧北大井小学校

旧北大井小学校


 
 

小諸市誌刊行経過

考古篇

既刊(残部無)

歴史篇(一)

既刊(残部無)

歴史編(二)

既刊

自然篇

既刊

地方史年表

既刊

歴史篇(三)近世史

既刊

小諸城城郭絵図

既刊(残部無)

近・現代篇

既刊

 

小諸市誌購入方法

◇直接購入の方

  小諸市教育委員会生涯学習課(小諸市役所2F)でお求めください。

◇送本を希望する方

 このページ下部に添付の申込書(PDF)を印刷し、必要事項をご記入の上、現金書留で代金を添えて、お申し込みください。

◇メールによるお申し込み

  ご希望の市誌名及び申込部数、氏名、郵便番号、住所、電話番号、公用で申し込まれる場合は取り扱い責任者名を明記の上、下記のアドレスへ。
gakushu@city.komoro.nagano.jp


近・現代篇  監修者 信州大学名誉教授 小林 寛義

 
 

第一編 政治・行政

 第一章 政治

  第一節 明治維新と小諸
  第二節 地方自治の近代化
  第三節 地方自治体制の確立
  第四節 国政への参加と社会運動
  第五節 昭和恐慌と戦時体制下の小諸
  第六節 第二次世界大戦後の新しい社会
  第七節 小諸市の誕生と発展
  第八節 歴代市町村長・議会議長名簿

 第二章 財政

  第一節 税制
  第二節 財政

第三章 治安

  第一節 警察
  第二節 消防
  第三節 登記所
  第四節 交通安全

第四章 兵事

  第一節 兵役制度
  第二節 戦没者と慰霊

 第五章 災害と治山・治水

  第一節 明治以後の災害記録
  第二節 防災対策の変遷と現状

第二編

 第一章 明治初期の新しい戸籍制度

 第二章 人口の推移

  第一節 市制施行前の人口現象
  第二節 市制施行後の人口現象

 第三章 人口変動の状況

  第一節 市制施行前の人口変動の状況
  第二節 市制施行後の人口変動の状況

 第四章 最近の人口現象の特色

第三編 集落

 第一章 集落の成立

  第一節 近世までに形成された集落

 第二章 集落の形態と機能

  第一節 集落の形態・機能
  第二節 地域共同体の変化

 第三章 相生町通り商店街の現状

  第一節 相生町通り商店街の概要
  第二節 相生町通り商店街の現況

第四編 産業・経済

 第一章 農林業

  第一節 農業の現状
  第二節 明治前期の農業の姿
  第三節 近世の農法からの脱却
  第四節 昭和恐慌下の農業
  第五節 第二次世界大戦後の農業
  第六節 稲作から畑作中心へ
  第七節 林業

 第二章 工業

  第一節 工業の推移と現状
  第二節 近代工業の芽生え
  第三節 第二次世界大戦後の工業の軌跡

 第三章 商業・サービス業

  第一節 近代移行期の商業
  第二節 第二次世界大戦後の商業
  第三節 サービス業
  第四節 商圏の変化

 第四章 金融

  第一節 近代金融機関の草創
  第二節 産業革命期における金融機関の成長
  第三節 昭和恐慌と銀行合同
  第四節 第二次世界大戦後の復興・高度成長期の金融

第五編 交通・通信

 第一章 新しい交通機関の発足

  第一節 明治維新後の陸運
  第二節 明治初期の道路と諸車の導入
  第三節 信越線の敷設と小諸

 第二章 近代交通の発達

  第一節 信越本線の改良
  第二節 佐久鉄道と布引鉄道の開通
  第三節 自動車の出現と交通の変化

 第三章 戦時体制下における交通の変化

  第一節 鉄道の統合と軍事優先の輸送へ
  第二節 自動車輸送の統合とガソリン不足

 第四章 第二次世界大戦後の交通の発展

  第一節 交通機関の復活と近代化
  第二節 高速交通時代と小諸

 第五章 通信の近代化と発展

  第一節 新しい通信制度の成立
  第二節 通信の近代化と小諸

 

第六編 観光

 第一章 第二次世界大戦前の観光

  第一節 小諸懐古園の建設
  第二節 浅間山の観光と小諸
  第三節 菱野鉱泉と布引観音

 第二章 第二次世界大戦後の観光

  第一節 浅間山と高峰高原
  第二節 歴史と文学の街小諸
  第三節 小諸市観光の特色と課題

第七編 教育

 第一章 学校教育

  第一節 近代学校教育の草創―明治初期―
  第二節 近代学校教育の展開―明治中・後期
  第三節 近代学校教育の発展と変貌―大正・昭和初期―
  第四節 皇国民の育成―第二次世界大戦下―
  第五節 学校教育の民主化と学制改革―第二次世界大戦後―
  第六節 学校教育―現状と課題―
  第七節 小諸市内小・中・高等学校沿革表
  第八節 歴代教育委員長・教育長名簿

 第二章 社会教育

  第一節 社会教育の草創
  第二節 戦時体制下の社会教育
  第三節 第二次世界大戦後の社会教育
  第四節 平成期の社会教育

第八編 文化・体育

 第一章 文芸

  第一節 城下町を彩る文人たち
  第二節 江戸文学を底流とした明治初期の文人たち
  第三節 近代文学への覚醒期の文人たち―明治後期―
  第四節 小諸の文学の素地固めに尽力した文人たち―大正・昭和中期―
  第五節 疎開した文学者と戦後の状況―昭和中期以後―
  第六節 その他の文芸

 第二章 美術・工芸

  第一節 明治・大正期の美術・工芸
  第二節 小諸義塾にまつわる美術家
  第三節 近代美術を推進した人々
  第四節 疎開した美術家の影響
  第五節 第二次世界大戦後の美術・工芸の動向

 第三章 芸能

  第一節 邦楽・洋楽・その他諸芸の変遷

 第四章 娯楽 

  第一節 映画・演劇の変遷
  第二節 ラジオ・テレビの普及

 第五章 文化財

  第一節 小諸市文化財の保護
  第二節 文化財保護法制定以前の文化財
  第三節 文化財保護法制定以後の文化財

 第六章 体育

  第一節 学校教育からの発展
  第二節 近代スポーツの復興と隆盛

第九編

 第一章 神道国教化のなかでの宗教

  第一節 明治維新後の宗教政策
  第二節 神道国教化と仏教の動き

 第二章 第二次世界大戦後の宗教

  第一節 日本国憲法と宗教
  第二節 宗教法人としての神社・寺院・その他の宗教

第十編 福祉・衛生・水道

 第一章 保健衛生と医療

  第一節 保健医療行政の沿革
  第二節 公衆衛生の沿革
  第三節 環境衛生の沿革
  第四節 医療機関の変遷と現状

 第二章 社会福祉と社会保障

  第一節 公的扶助制度の創始と変遷
  第二節 社会福祉・社会保障の現状   

三世紀にわたる小諸の変遷

 第一章 明治から第二次世界大戦までの小諸

  第一節 城下町の面影
  第二節 県下の商都小諸
  第三節 器械製糸の街へ

 第二章 第二次世界大戦後の小諸の変容

  第一節 昭和末年までの小諸
  第二節 平成の小諸

 第三章 明治以来の市街地の拡大

小諸市 近・現代年表

 小諸市誌 近・現代篇 執筆者一覧
 小諸市誌 近・現代篇 編纂関係者名簿

あとがき

  付図(別冊)
   1 長野県北佐久郡小諸町全図(明治26年)
   2 長野県北佐久郡小諸町全図(推定大正5~7年)
   3 長野県北佐久郡小諸町制一覧(昭和8年)
   4 小諸町要図(昭和27年)
   5 小諸市航空写真集成図(平成10年)

 

ダウンロード

 

お問い合わせ

教育委員会 生涯学習課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8857
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード