小諸市北国街道ほんまち町屋館

公開日 2013年05月27日

最終更新日 2013年05月27日

小諸市北国街道ほんまち町屋館

種別

国登録有形文化財(建築物)

員数

1棟

答申年月日

平成18年6月16日

登録年月日

平成18年10月18日

告示年月日

平成18年11月9日

構造及び形式

木造二階建、瓦葺、建築面積(1階)150平米

所在地

小諸市本町2-2-9

登録基準

国土の歴史的景観に寄与しているもの

 「小諸市北国街道ほんまち町屋館」(母屋)は、大正12年(1923年)に笠原久平氏により新築され、屋号を清水屋として醸造業を営んでいた旧商家。平成11年、小諸市が国の補助を受け、母屋の横に修景門、奥には休息棟・芝公園を設け、観光客の受入れとともに、地域の福祉・教育・文化、まちづくりの地域活性化の拠点施設として再生活用している。
 清水屋は、文久2年(1862年〕久平氏の先代笠原半兵衛氏が味噌醤油醸造所として創業。この久平氏が新築した北国街道沿いの清水屋では大正7年(1919年)、味噌の醸造・出荷量は小諸で一番を誇り、醤油300石・味噌10万貫を生産していたとの記録がある。
 この建物は、桁行7間半、梁間6間の規模で、木造2階建、切妻造、桟瓦葺とし、2階通り側に20畳の座敷を設け、裏側に8畳間2室を並べている。また側面及び2階軒裏を塗り込め、漆喰塗の鉢巻きを廻し、重厚な塗屋造の外観を見せる。母屋1階には、原料の搬入・商品の搬出に用いられたトロッコの軌道跡と、その管理を行った帳場がある。中庭に面したガラス戸のガラスは、歪んでいて大正時代のものが、そのまま使われていることがわかる。また、大正時代には珍しい回転式の排煙窓が組み込まれている。帳場に面した障子戸の障子はケンドン式になっていて、取り外しが可能で、夏には現在の網戸の役割を果たしている。中庭には、梅の古木、つるべ井戸があり、北国街道「商都小諸」の商家独特の佇まいを遺し、当時の雰囲気をそのまま醸し出している。

ほんまち町屋館外観

ほんまち町屋館内部

 

お問い合わせ

教育委員会 生涯学習課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8857
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。