東山道清水駅跡

公開日 2013年05月27日

最終更新日 2016年03月31日

とうさんどうしみずうまやあと

東山道清水駅跡

 

指定項目

東山道清水駅跡

所在地

小諸市諸

所有者及び管理者

清水駅跡保存会

指定年月日

昭和46年3月31日(史跡)
指定番号 4-3

概 説

東山道は、山陽道・山陰道・東海道・北陸道・南海道・西海道と並ぶ古代の官道の一つで、その成立は律令制度が整備された7世紀以降と考えられている。こうした官道には、30里(約16キロ)ごとに駅が置かれ、清水の駅も信濃にある15の駅の一つである。

官道や駅の制度は大和朝廷が政治上の目的をもって設置した機関・制度であることから、中央の役人の往来や軍事のためのものであった。

駅に駅長が置かれ、10疋の駅馬を常備していたほか、佐久郡で5疋の伝馬(駅馬とは別に置かれ、公開旅行の役人に使わせた)を置くなどの規則が設けられていた。

水の確保もその条件の一つであり、水の豊富な諸はうってつけであったと言えるかもしれない。この清水の駅は全長約270mあり、中央の道路をはさんで両側に、間口およ22m、奥行およそ45mの地割をして駅の役人たちの屋敷にし、道路の中央には駒飼の堰を通し、また屋敷北側の後ろには飲堰を流し、それに沿って俗に夜盗道という小道が通じている。この堰は、駅跡の両端でさらに南へ枝堰を分ち、中央の道を過ぎ南側にのび、南側の地割の後ろにも堰の跡が認められる。

このように、道、地割、堰を残していることから、駅制など古代の交通制度研究の上で貴重な遺跡である。

 

お問い合わせ

教育委員会 生涯学習課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8857
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。