白山社社殿

公開日 2013年05月27日

最終更新日 2013年05月27日

はくさんしゃしゃでん

白山社社殿

 

指定項目

白山社社殿

所在地

小諸市大久保2249

所有者及び管理者

布引山釈尊寺

指定年月日

昭和34年11月9日(県宝)

概 説

この社殿は往時、御牧原の白山地籍よりここに移築されたと言われている。

一間社春日造、屋根は杮茸、破風、木連格子、鬼板の「ひれ」および水玉模様のような丸紋などは、大面取の柱とともに、室町時代中期を下らない時代の特徴を良く表している。

すんなりと品の良い舟肘木やいや味のない線でカ強く整っている虹梁、丈が高くて先をこいて反りのある垂木は、軒端に軽やかさを出している。

幣軸の外周は円弧で、板扉には何の飾りもない。全体として必要最小限のもののみで、それ以外には装飾というものは何もないが、それがかえって洗練された建築の美しさを遺憾なく示している。

昭和34年(1959年)に修復され、同年、長野県宝に指定されている。

 

お問い合わせ

教育委員会 生涯学習課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8857
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。