小諸市では、昨年度の試行実施に引き続き、今年度も事業仕分けを実施します

公開日 2012年11月21日

最終更新日 2012年11月21日

小諸市では、昨年度の試行実施に引き続き、今年度も事業仕分けを実施します。

事業仕分けとは、自治体が行なっている事務事業について必要かどうか、必要ならばどこがやるか(官か民か、国か地方か)を担当職員と外部の評定者が公開の場で議論し、改めて事業の必要性や改善点などについて検証するもので、市民の皆さまとの情報共有や行政の透明性の確保、事業の見直し、職員の意識改革や情報提供能力の向上などを目的とします。

実施概要

 ◎日  時:平成23年10月16日(日)

9時~17時(時間は変更となる場合があります)

 ◎場  所:ベルウィンこもろ(一般公開で実施します)

 ◎実施方法:市民判定人方式

※評価は市民判定人の多数決により決定し、仕分け人による判定は参考資料とする方式。

 ◎作業の流れ(予定)

1事業につき、およそ50分で仕分けを行ないます。

1)担当課職員による事業説明(5分)

2)事業仕分け人と担当課職員で質疑応答(30分)

3)議論を踏まえ、事業仕分け人と市民判定人がそれぞれ判定し、シートに記入

4)シートを回収して判定結果を集計し、コーディネーターが判定結果を発表

5)市民判定人からの感想・意見(各事業1~2人程度)

6)コーディネーターから講評と具体的な改善提案等(3~6で15分)

※詳細な実施内容については、決定次第、随時お知らせします。

今後の予定

 

5月

対象事業の募集

6月

庁内で対象事業の絞り込み

7月

総合計画審議会において対象事業の最終決定

8月

 

9月

市民仕分け人・市民判定人説明会

10月

事業仕分け実施

11月

仕分け結果の公表

12月

 

1月

 

2月

改善結果の公表

 

関連情報

 

お問い合わせ

総務部 企画課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8766
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。