自治基本条例市民フォーラムを開催しました。

公開日 2012年11月21日

最終更新日 2012年11月21日

1月13日(水)午後7時から小諸市コミュニティセンターにおいて、自治基本条例市民フォーラムを開催しました。

フォーラムへは約70名の方に参加いただき、小諸市自治基本条例素案説明のほか、意見交換を行いました。

【フォーラムでのご意見(一部)】

  • 各区での説明会を開催してほしい。
  • 区への加入は、個々の事情があるため、強制すべきではない。
  • 区への加入は義務規定よりも権利規定の方がよい。
  • 区を新しい公共的な組織に変えていくという説明がなければ、加入に関する議論はできない。
  • 16歳の住民投票権は、若い人も権利と義務を意識できて良い。
  • 世界的に見て投票権は、18歳が主流である。日本でも議論を重ね国民投票は18歳となった。
  • 市民の役割にある「まちづくりに関しての発言と行動へ責任を持つ」規定は、市民の自由な発言を妨げる。
  • 条例の見直しは、二元代表の観点から市長だけではなく、議会も加えるべき。

自治基本条例TOP

※フォーラムの資料・まとめについては、以下のダウンロードよりご覧ください

ダウンロード

 

お問い合わせ

総務部 企画課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8766
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード