シートベルト着用の市宣言

公開日 2012年11月21日

最終更新日 2012年11月21日

 県下の交通死亡事故は、56年に比べ大幅に増加し、昨年12月31日ついに悲惨な交通事故死亡者が171人となり、7年連続減少は実現出来ませんでした。
 悲惨な交通事故を防止し、明るい住みよい郷土をつくることが市民すべての願いであります。しかしながら、今日の交通情勢を考えるとき、決して楽観できるものではなく、極めて危険な情況にあります。
 シートベルトの着用は、交通安全対策の重要課題として、運転者保護のほか安全運転の意識を高める上からも欠くことのできない方策と思われます。今後、益々車両交通量が増大する中にあって、ひとたび交通事故が発生した場合、死亡・重傷と言った重大かつ悲惨な事故につながる恐れのあることはいうまでもありません。
 運転者の安全運転意識の高揚を図るとともに、不測の事故に対応できるようシートベルト着用の励行を習慣化させるため、ここにシートベルト着用の市を決議する。


 昭和58年3月18日

小諸市議会

お問い合わせ

総務部 企画課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8766
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。