(4)認証までの流れ

公開日 2012年12月20日

最終更新日 2012年12月20日

  1 取り組み決定声明と支援の依頼

   セーフコミュニティの導入を決定した自治体は、首長名でセーフコミュニティ協働センター及びアジア地区の支援センター(韓国)へ書面を提出し、支援の依頼をします。

  ⇒小諸市は、平成22(2010)年3月19日、正式に取り組むことを宣言し、セーフコミュニティ協働センター及びアジア地区の支援センターへ書面を提出しました。

  2 支援・指導の開始

   自治体は、センターの指導を受けながら、地域の課題に関する情報収集や分析を行い課題解決と認証基準の7つの指標を満たすためのプログラムを企画し、展開します。

  3 申請書提出

   上記1の書面を提出してからの活動実績が2年以上あり、7つの指標を満たした時点で、認証申請書を日本語と英語で作成し、認証センターへ提出します。

  ⇒小諸市は、平成24(2012)年3月に、セーフコミュニティ・アジア地域認証センター(韓国)へ認証取得のための申請書を提出しました。

  4 書類審査・現地審査

   認証センターは、書類審査と現地審査を行い、認証の基準に足りなければ更なる指導を実施します。

  ⇒小諸市は、平成24(2012)年5月9日~11日に、セーフコミュニティ・アジア地域認証センター(韓国)認証員による現地審査を行いました。

  5 認証

   認証式典は、現地審査終了後、6ヶ月以内を目途に開催され、国際セーフコミュニティ会議において紹介されます。

  ⇒小諸市は、平成24(2012)年11月28日~12月2日にかけて開催された第6回アジア地域セーフコミュニティ会議の中で、12月1日に世界で297番目、日本で6番目のセーフコミュニティとして、アジア地域認証センター(韓国)より認証いただきました。


関連情報

お問い合わせ

総務部 総務課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8766
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。