【緊急情報】大雪に伴う農業用施設等への被害に対する支援等について

公開日 2014年03月21日

最終更新日 2014年03月21日

大雪による被害を受けられた農林業者等の皆様方に対し、心からお見舞い申し上げます。

◎豪雪被害への小諸市の支援について

 -農業用ハウス等の再建・修繕・撤去への助成-

 この度の豪雪被害では、廃業を検討する声も寄せられている深刻な状況であり、

 被災農業者が今後も意欲を持って農業を継続していけるよう、被害を受けた農業用

 ハウス等への支援を決定いたしましたので、お知らせします。  

  内容 

   2月の豪雪により被害を受けた農業用ハウス等の再建・修繕及び再建に

   必要となる倒壊したハウス等の撤去に要する経費の一部を助成。

   (国の被災農業者向け経営体育成支援事業に上乗せ予定)

   今後詳細を決定次第ご連絡します。

◎農林水産省のその他支援策について

 1.災害関連資金の無利子化

   農林漁業セーフティネット資金等の災害関連資金の貸付利子を貸付当初5年間無利子

   とします。

 2.共同利用施設への助成

   雪害を受けた産地に対し、別枠で集出荷貯蔵施設等共同利用施設の整備を優先的に

   支援します。
   

   (強い農業づくり交付金)

 3.果樹の改植への助成

   被害果樹の植え替えとこれに伴う果樹棚の設置に必要な資材導入に要する経費及び

   これにより生ずる未収益期間に要する経費を助成します。
   

   (果樹経営支援対策事業、果樹未収益期間支援事業)

 4.被災農業法人等の雇用の維持のための支援

   被災農業法人等が、施設の復旧までの間、従業員を他の農業法人等に研修目的で

   派遣する場合に必要な経費を助成します。

   (農の雇用事業(次世代経営者育成派遣研修))

  詳細については、農林水産省のホームページをご覧ください。

http://www.maff.go.jp/j/press/keiei/saigai/140303_1.html

◎農業用施設の被害証拠書類の保管について

    市では、現在被害状況の把握を行っております。

    支援については現在検討中ですが、今後の資金融資、補助事業の際に必要になる

    可能性がありますので、証拠書類の保管をお願いします。

  

  ◆被害施設状況のわかる写真(撮影日付入り)

  

  ◆撤去作業を行った者、日付、費用などの証拠書類

   (撤去作業を外注した場合は、発注書、納品書、請求書など)

◎被害農業者相談窓口の設置について

 佐久農業改良普及センター(0267-63-3167)に下記に関する窓口を設置しましたので、お問い合わせください。

 1 損壊した農業用施設内で栽培されている農作物の栽培管理について

 2 農業用施設の復旧に活用できる融資制度について

 3 その他今後の農業経営について

 詳細については、佐久農業改良普及センターのホームページをご覧ください。
 http://www.pref.nagano.lg.jp/saku-aec/index.html

◎被害状況の提供について

 現在、被害調査に努めておりますが、現地の確認が困難な状況にあります。

 農業施設等への被害を確認しましたら、小諸市農林課農業振興係りまたはJA佐久浅間各支所へご連絡ください

 ※現地に向う際は、なだれや落雪等に十分に注意してください。

◎融資をご希望される皆様  

 融資のための罹災証明書につきましては、農林課農業振興係へご相談ください。
  

◎貸すことが可能なパイプハウスの情報提供について

 市内全域で、多くのパイプハウスの倒壊が確認されています。稲などの大規模育苗施設も甚大な被害を受けています。つきましては、貸すことが可能なハウスがありましたら、小諸市農林課へ情報提供をお願いいたします。


リンク

ダウンロード