小諸市動物園の再整備に向けての市民シンポジウムの開催について

公開日 2018年09月08日

最終更新日 2018年09月08日

 大正15 年に開設以来、県内最古の動物園として市民の皆さんはじめ多くの皆さんに愛されてきた小諸市動物園ですが、現在は施設の老朽化や動物の高齢化がすすみ、動物たちの生態や生息環境に沿う獣舎への改善等も検討しなければならない状況です。

 多様化するニーズのなかで様々な課題を改善し魅力ある小諸市動物園としていくためには、どのような動物園をめざしていったらよいかを考える機会として、専門家の皆さんをパネリストとしてお迎えし、日本の動物園の現状や他園の様々な取り組みなどの講演をお聞きして動物園を取り巻く現状などの理解を深めながら意見交換の場としてシンポジウムを開催し、小諸市動物園100周年に向けての将来構想を策定していきたいと考えています。

 

日時

9月30日(日)  13:00~16:30

場所

小諸市動物園

小諸グランドキャッスルホテル

内容

【第1部】 13:00~(45分)  動物園見学(受付:懐古園事務所)

【第2部】 14:00~16:30  シンポジウム(小諸グランドキャッスルホテル)

  *動物園の現状や再整備への経緯説明

  *講演(各パネリストより)

  *パネルディスカッション

  *参加者を交えた意見交換

  [コーディネーター]

   打越 綾子氏  成城大学法学部教授

  [パネリスト]

   成島 悦雄氏  日本動物園水族館協会専務理事

   橋川 央 氏  東山公園協会教育普及部長

   佐渡友陽一氏  帝京科学大学講師

   小諸市長 小泉俊博   

動物園シンポジウムチラシ[PDF:160KB]

 

お問い合わせ

小諸市懐古園
TEL:0267-22-0296
FAX:0267-25-0296
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード