土壌の生物性分析希望者を募集します/KOMORO AGRI SHIFT

公開日 2017年08月03日

最終更新日 2017年08月03日

土壌微生物の多様性と活性を見える化した生産基準策定に、行政として世界で初めて着手!

安全で安心な農産物をお客様に届け続けるために、農家が大切にしているもの。それは、「土」です。小諸の農のつなぐ物語は、「元気な生命をつなぐ」物語からはじめることにしました。

元気な土づくりの「測る」「つくる」「伝える」サイクルを進めるため、世界で初めて土壌微生物の多様性と活性値の総合評価に成功した(株)DGCテクノロジーに分析を依頼します。

農家の学びと交流の場として「KOMORO AGRI CAFE」を開催!

小諸の農家同士が出会い、話し、アイディアを出し合える場を設けます。まずは、元気な土づくり(土壌の生物性に関する講義やつなぐ物語を考えるワークショップ)をテーマに講座を開催しています(7/4、7/18(果樹農家)、7/25(野菜農家)、8/8(水稲農家))。

その中でも、土壌の生物性の見える化には、関心が高く、自身の畑の状態を測ってみたいという方が多くいらっしゃいました。

写真1 写真3

土壌の生物性分析を希望される方を募集します!

最先端技術による生物性分析の費用は、化学性分析に比べてやや高額です。そこで、小諸市では、農家のみなさんの負担を通常の半分に抑えて分析ができるような仕組みを考えました。

農業は、基本的に「個」の経営体の取組みですが、市内農家の「集合知」をつくることで、小諸の農をつなぐための「小諸基準」づくりに活かすことができると考えます。

分析を希望される方は、申込用紙 (1)[DOCX:355KB]に必要事項を記入して、8月16日(水)までに小諸市営農支援センター(小諸市農林課農業ブランド振興係)へお申し込みください。

■対象者

 小諸市内で農業を営まれていて、元気な土づくりに関心のある方

■対象農地

 小諸市内の農地(水田、畑、果樹園問わず)

■費  用

 通常1検体あたり30,000円の費用が掛かりますが、お申込みされた農家に限り、15,000円(通常の1/2)の負担で分析することができます。

■申込期限

 8月中の採土を予定しているため、8月16日(水)までにお申込みください。

 ※採土は、8月25日~9月1日頃に行う予定ですので、ご協力をお願いします。

agrishift_logo

つくる農から”つなぐ農”へ 

お問い合わせ

経済部 農林課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-24-3570
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。