【重要】浅間山噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)に引き上げ

公開日 2015年06月11日

最終更新日 2015年06月11日

6月11日(木)午後3時30分に気象庁から噴火警戒レベルを1(平常)から(火口周辺規制)に引き上げることが発表されました。

ついては、以下のとおり登山道規制を行います。

 

≪噴火警戒レベル2≫

火口より概ね2㎞以内の登山道規制(賽の河原~前掛山間)

 

賽の河原から先には立ち入らないようお願いします。

 

 

◆現在の浅間山の活動状況◆

 

浅間山では4月下旬頃から山頂直下のごく浅いところを震源とする体に感じない火山性地震の多い状態が続いております。また、二酸化硫黄の放出も増加しております。

このことから、浅間山では火山活動が高まっていると考えられ、今後火口周辺に影響を及ぼす小規模な噴火が発生する可能性が高まっています。

 

 

浅間山噴火警戒レベルについてはコチラ

お問い合わせ

総務部 総務課
TEL:0267-22-1700
FAX:0267-23-8766
備考:メール送信時はE-Mailアドレスの@(アットマーク)を半角@に変更してから送信ください。また、匿名のメールにはお答えできませんので、ご了承ください。